クラウドファンディングにおける「ストレッチゴール」の基礎知識と運用のコツ

2014年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加
4039832775_f8927b2edc_b

クラウドファンディングのプロジェクトのなかには、当初の目標金額を大きく上回る資金の調達に成功したものも多くあります。
そういったプロジェクトにおいて、ストレッチゴールの存在は無視できないものでしょう。

国内クラウドファンディングでも徐々にその名前を耳にすることが増えたストレッチゴール。
今回は改めて、ストレッチゴールについてお話したいと思います。

ストレッチゴールとは

ストレッチゴールとは前提となる目的(つまりクラウドファンディングで言う、目標金額を調達することで実現できること)をさらに充実させる為にプロジェクト起案者により設定される、次なる目標です。
これは「目標金額よりさらに支援金が集まったら、これを追加します!」というような約束で、プロジェクト起案者がより多くの資金やより魅力的な製品を生み出す為にストレッチゴールは存在しています。

ストレッチゴール

次なる目標を設定することで、後からプロジェクトを知り共感した人も支援できる仕組みになります。
設定したストレッチゴールが魅力であればあるほど、多くの支援者を集めることができ、クラウドファンディングの大きな魅力の一つといっていいでしょう。

ストレッチゴールの運用

そもそもプロジェクトにはゴールである目標金額が設定されます。プロジェクト起案者はまずはその目標金額をクリアする為に出資を募っていきます。

目標金額を超えて初めてストレッチゴールの登場です。
※プロジェクトがストレッチゴールを達成しなくても、目標金額を超えていればプロジェクト掲載終了時点で集まった資金は得ることができます。(購入型のAll or Nothing方式の場合)

ストレッチゴールは最初の目標と同じくらい、もしくは最初の目標以上に魅力的でチャレンジングなものです。ストレッチゴールに合わせた、より魅力的なリターンも必要になるかもしれません。
ただ設定すればいいわけではなく、設定したストレッチゴールをいつ公開するのかや、どのような追加リターンを用意するのかなど、事前にしっかりと準備をし、意思を持って運用していく必要があります。

そして何よりも重要なことは、支援者に対して約束をしっかり守ることです。設定したストレッチゴールを成し遂げたあかつきには、生み出されたそのすばらしいコンテンツやサービスを支援者に必ず届けてあげてください。

ストレッチゴール運用の成功例

ストレッチゴールをうまく運用したプロジェクトに、2013年10月、kickstarterで約6万7千人の支援者から計4億円の調達に成功した「Mighty No.9」があります。
ロックマンシリーズなどを手がけた稲船敬二氏によるプロジェクトで、約1億円がプロジェクトの目標金額でしたが、結果的に4倍以上もの資金調達を達成しました。

Mighty No.9」も当初、まずはゲーム自体を出すことが大前提でした。プロジェクトに対し、世界各国からのファンによって目標の実現に順調に歩みを進めます。
そしてストレッチゴールとして、キャラやステージの追加、他のプラットフォームへの移植やクリアタイムを競うモードの追加などを設定し、その後も順調に支援者が集まり見事に目標金額を大幅に上回る資金の調達に成功しました。

以前「“fault milestone one”が目標金額の700%調達!秘訣はストレッチゴールにあり」の記事の中でも取り上げましたが、魅力的なストレッチゴールは、すでに支援してくれたファンに対しても効力を発揮することがあります。ファン全員に関係することで、より深くこのプロジェクトを楽しみたいという共感を得ることが大成功の秘訣と言えるのではないでしょうか。

まとめ

まだまだ日本国内でも活用事例の少ないストレッチゴール。
すべてのプロジェクトにとって適しているかと言えば、そういう訳ではありません。

ストレッチゴールを設定せずとも高額な資金調達に成功しているプロジェクトももちろん見受けられますが、このストレッチゴールを上手に活用することで、支援が増え、より充実したコンテンツやサービスを提供できる可能性があるのも事実です。
大きな可能性を秘めるストレッチゴール、是非注目してみてください。

(photo credit: Foomandoonian via flickr

The following two tabs change content below.
Naoki Uneo

Naoki Uneo

1984年生まれ。東京は多摩育ち。ゲーム特化クラウドファンディングサービス「Crowdrive」の運営、プランナー。 趣味は運動と銭湯巡り。
このエントリーをはてなブックマークに追加