3Dショートアニメ「TESLA & The LAMPLIGHTER」監督に聞いた、クラウドファンディング成功の秘訣!

2014年07月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
tesla01

19世紀から20世紀にかけて多くの偉大な成果を残した天才発明家「ニコラ・テスラ」を主人公に描いた、8分の3Dショートアニメーション制作プロジェクトがKickStarterで資金調達を成功させました。

「TESLA & The LAMPLIGHTER」と名付けられたこの作品は、ニューヨークとセルビア在住のアニメーター集団「studio RINGISHPIL」が、テスラ氏の偉業と人生をもっと多くの人に知ってもらいたいと思い制作されました。
KickStarterでスタートする2年前から既に制作をしており、プロジェクトスタート時にはアニメーション制作の50%が完成していました。
残りの50%を完成させるための費用と、作品内の音楽制作のためのクラウドファンディングを実行。
$6,500の目標に対して$30,077の調達を完了させ、プロジェクトを成功させました。

今回は、「TESLA & The LAMPLIGHTER」の監督、Branislav氏にインタビューしました。

TESLA & The LAMPLIGHTER — 3D animated short film — Kickstarter

大事なのは自分の作品がいかに素晴らしいものになるかを熱心に伝えることだ

― 資金調達の方法としてKickstarterを選んだ理由は何ですか?
僕らはニコラ・テスラを描いた作品を作っているんだけれど、過去にKickstarterに掲載されていたテスラに関連したプロジェクトの80%が目標を達成していたんだ。Kickstarterにはテスラのファンコミュニティーがあると感じて、Kickstarterを選んだよ。

― 掲載中は何人でプロジェクトを担当していましたか?どんなことに一番時間を取られましたか?
素材はプロジェクトを開始する数ヶ月前から用意していて、全て僕が一人で担当していたんだ。動画だけは一緒に手伝ってくれた友達がいてね、僕よりも英語が上手かったから手伝ってもらったんだ(笑)それ以外だと、支援してくれた皆さんへの質問に答えたり、感謝の気持ちを伝えることに時間を使ったよ。

― 成立後はどんなことが大変でしたか?
クレジットカードのトラブルがあったね。世界中から支援があったこともあって、韓国、セルビア、そしてアメリカのカードまで決済が下りないトラブルがあったよ。30人ぐらいの人が同じ理由で決済出来ず苦労したよ。

― プロジェクトをプロモーションする上で、もっとも効果的だった方法はなんでしたか?またプロジェクトを盛り上げるためにどのような施策を行いましたか?
Facebookが僕らのキャンペーンにとっては一番役に立ったね。支援者の何人かがとても影響力のある人で、口コミを広げるのを助けてくれたんだ。あとはFacebook広告も何千ユーロか先行投資として使用したよ。それとGoogleのアドワーズも試したんだけど、こっちはあまり効果が無かったね。

tesla03

― 支援者はどこからプロジェクトのことを知って支援してくれましたか?
Kickstarter上ではあまり目立つことはなくて、最終的に一定数の支援者が集まるまではKickstarterのコミュニティーからは支援されなかったんだ。さっきも言ったように、ほとんどの支援者がFacebook経由で集まってくれたよ。新聞にプロジェクトのことが掲載されたこともあって、そこから来てくれた人もいたね。ほとんどの支援者がセルビアかアメリカ出身の人だったよ。

― Kickstarterでプロジェクトを成功させたことで何か変わりましたか?
多くの人は何かしら成功しているプロジェクトの一員になりたいと思っているらしく、僕らも多くの問い合わせや提案を頂いたよ。おかげで次の作品の制作に取りかかるのが楽になったよ。

tesla02

― もしもう一度プロジェクトをやるとしたら、何を改善させますか?
そうだね…僕の英語かな(笑)

― 日本にはまだまだクラウドファンディングの事例が少ないために、一歩を踏み出せない人が多くいます。そんな人達のためにアドバイスやメッセージを下さい。
僕は昔から日本のアニメの大ファンなんだ。むしろ僕がアドバイスを欲しいぐらいだよ :)
大事なのは自分の作品がいかに素晴らしいものになるかを熱心に伝えることだと思う。そのためには、作品の一部やトレーラー動画が非常に重要になってくる。多くの人はそれを見て、プロジェクトの企画者がどれだけ本気で制作に向き合っているかを感じるからね。

TESLA & The LAMPLIGHTER — 3D animated short film — Kickstarter

【下記の成功事例インタビューもオススメです】

The following two tabs change content below.
Hiroaki Taira

Hiroaki Taira

代表取締役グーパ株式会社
1985年生まれ。小学校から高校卒業までシリコンバレーに在住。東京工芸大学にてアニメーションを専攻し、在学中に米国カーネギーメロン大学へ留学。留学中に出会ったタイの友人と2011年9月に起業。現在東京とバンコクの2拠点でゲーム特化型クラウドファンディングサービス『Crowdrive(クラウドライブ)』を運営中。
このエントリーをはてなブックマークに追加