クラウドファンディングで成功するために必要なたったひとつのこと

2014年07月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加
gogetfunding

多くの人がクラウドファンディングでプロジェクトを成功させるには、沢山の人を知っている必要があると考えています。そしてそのロジックは以下のとおりです。

「私にはFacebookに友人が500人います。仮にそのうちの20%が50ドルを寄付した場合、私は5000ドルの調達ができる」と。

そして、急いでプロジェクトのキャンペーンを作成して、知り合い全員に伝えて、ただ目標が達成することを祈ります。しかし、我々の経験上、クラウドファンディングの成功に最も影響を与えることが一つあります。

それは綿密な「計画」です。

GoGetFundingでは、プロジェクトに共感した世界中の人々から何百万ドルもの支援金調達を支援してきました。そして成功と失敗を分ける多くの要因は計画のレベルの違いにありました。

(これは非営利系クラウドファンディングサイトであるGoGetFundingによるゲスト寄稿です。)

2つの精密に計画されたクラウドファンディングのキャンペーン

最近GoGetFundingでMinecraft(ゲームコミュニティ)のmeetupsは55,000ドル調達し、2000人の支援者を集めました。(リンク
確かに元々多くのファンがいるサービスですが、それよりも大事なのは事前に計画された普及活動とプロモーションスケジュールでした。

プロジェクトキャンペーンのリリース1週間前から口コミを始め、キャンペーン半ばでは新しいリターンを紹介したり、YouTubeや作りこんだキャンペーンページを作成することにより、予想をはるかに上回る支援金調達を達成しました。

もう一つの大きな例は、美しく若い女性の車椅子購入を支援するという内容でした。そのプロジェクトはたった数日で目標金額を30%も上回る支援金を調達しました。
プロジェクトオーナーは綿密に計画された普及活動が達成の理由であると認めていました。

彼らも定期的なソーシャルメディアの更新、中長期のマイルストーン計画の報告や、キャンペーンに関連する様々な動きに対して各担当者を置くなど多くの準備していました。

プロジェクトオーナーの何人かは、キャンペーンの詳細なスケジュールを作成しました。これはきちんとプロジェクトを取り仕切るために最高の方法です。

下記は目標を達成したプロジェクトオーナーが実際に使用されたものです。

 

実績のあるクラウドファンディングのスケジュールとは

5日前:親しい知人に話し進捗状況を更新します。FacebookとTwitterで口コミを蓄積させます。

4日前:キャンペーンページの最終バージョンを確定させます。ジョン、マイク、ティナによって校正済。

3日前:50%調達した時に連絡するブログとニュースサイトをリスト化します。

2日前:10%、25%および50%調達した時にキャンペーンページを更新するためのテンプレートを完成させます。

前日:キャンペーンチームは状況を正確に確認しましょう。再び親しい知人に伝えます。

1日目:プロジェクト公開!ロブ、アンディ、ティム、他6人から寄付が期待できます。それで20%は達成するはずなので、現状報告をFacebookやtwitterに投稿します。

2日目: GoGetFundingとソーシャルネットワーク上で、最初の支援者の人たちへの感謝をキャンペーンの最新情報として更新します。

3日目:全てのチャネルのコメント全てに確実に返答しているか確認します。

4日目:口コミを高めるために、特定のリターンを購入している人をタグ付けし、追加のキャンペーン写真を更新します。

5日目:現状報告を動画で配信します。

これらは実際に30日間のキャンペーン中にずっと行われた内容です。

 

キャンペーンを計画する方法

もちろんキャンペーンのスケジュールは、そのプロジェクトの性質によって変わってきます。
例えば10日間のキャンペーンは30日間のと比べて、より活動的になります。

スケジュールの計画は頻度とプロモーションの方法のバランスが重要となります。
1日に50ツイートもしてはいけないし、自分の家族しかいないFacebookにばかり集中してもいけません。
口コミを生み出すあらゆる方法を考え、熱量を保ちながら、自分達が一方的にメッセージを発信していないか気をつけましょう。

私の考える一番のアドバイスは、初日に誰が支援してくれるかを自分自身に問うことです。
ほぼ確実に誰が最初の支援者になるかを知っておくべきで、その人達からの支援が少なくとも目標額の10~30%になることが重要になります。この人達はキャンペーン前からあなたが定期的に情報共有する人で、キャンペーン開始後には確実に支援してくれる人になるからです。

まだ調達が出来ていない状態では、シェアしないことも重要です。多くの人は1人しかいないパーティには参加したくありません。逆に一人でも参加している人を見ると、参加する可能性はとても高くなります。
最初の支援者がかなり多額の支援をする人ならば、その後の人たちもそうである可能性が高いです。

支援者を調査していくと、たいてい潜在的な支援者は出資をする前に実際に出資した支援者やコメントをよく見ていることがわかりました。これらは支援に踏み切る前に、どんなものに彼らが支援しようとしているのか、どんなことを他の人は言っているのかを確認するのに役立ちました。

もしあなたがクラウドファンディングで成功するチャンスを最大化したいのならば、
この言葉を忘れないで下さい。

「準備に失敗することは、失敗の準備をすることだ。」
ベンジャミン・フランクリン

原文[The Biggest Factor In Achieving Crowdfunding Success]

このエントリーをはてなブックマークに追加